地に足つけて大きく飛躍

目に見えない物事に心を奪われていた

何を探していたのか

知りたかったのか

探りたい気持ちなのか

いや知りたかった

 

戻れなくなりそうな恐怖を感じた

 

あと一歩踏み込んでしまうと

現実に戻れなくなりそうなくらい

 

徹底的に

どん底まで

恐怖と戦いながら

現実から離れた時間だった

 

やはり生きるためには

地に足つけてないと駄目なんだと

当たり前の事を心底超実感

それくらいにどっぷりと

 

今日から現実を生きます

地に足つけて

踏みしめて

 

つまらなく感じ始めた現実を

愛おしく大切に

息を吹き返した

 

飛躍の時が来た

無駄無し - 皆既月食

どんなにくだらないと思う事でも

ありえないくらいに悲しい出来事も

腐りかけてる日々を過ごしていたとしても

ムカつく事もすべて

人生においては無駄ではない

ハッピーな事柄だけではハッピーは成り立たないから

 

人はどうして幸せを求めるのだろう

すべてを諦め

廃人のような毎日を送っている人も

一筋の光が差し込んだ時

そこに手を差し伸べたくなる衝動に駆られるのは

どうしてだろう

 

光しかない地球だったら

光という概念は無く

暗闇も無く

ただただ明るい空間が地上にあるだけ

 

だらだらと過ごしてもいいし

嫌な事から逃げてもいいし

好きなだけ好きなものを食べてもいい

味合わなくてもいいどん底を味わったっていい

 

人はそんな闇の中から

何か新しい自分を発見したりもする

光をつかむ時もある

見つけたらきっと手放したく無くて

人並みにやっとなれたりもする

それを実感したりできる

 

人生ってそういうものかなと

思ったり探ったりしながら

無駄なような時間をたくさん過ごしている

 

 

 

ほんの5時間ほど前

皆既月食を見ていた

夜空に大きな光を放つ満月だったけど

少しずつ影り始め

月はすっぽりと地球の影に隠れてしまった

 

日頃から月日の流れの速さを感じているのは間違いない

と実感できるひとときだった

再び光が月に差し込み

みるみるうちにまた夜空を明るく照らし始めた

 

闇の中でも優しく時に強く照らしてくれる月

太陽の光は宇宙を見捨てないんだと

 

写真には撮らず

心に写し込んだ

光が差し込む瞬間のワクワク感

思わず手を差し伸べた

後悔していること

後悔してることがある

もっと祖父母に話を聞いておきたかったと

 

祖父は私が小3の時

脳卒中で倒れてから

話すことがままならなくなってしまった

 

だから

普通の話を聞くことすら困難で

何度も何度も聞き返し

 

祖母は流石に毎日のお付き合いなので

聞き取る力があったけど

私はもっと沢山話したいなって思っていた

 
祖父が病気になる前は
他愛もない話や
時には戦争の話もさ聞いたけど
記憶が遠くてなかなか思い出せない

 

リハビリで毎日散歩へ出るのだけど

一歩一歩が本当にゆっくりで

 

毎日曜日やってくる私たち孫を連れて

そんな日は遠くの公園まで

根気よく連れて行ってくれていた

 

時々立ち止まって話をするけど

聞き取れなくて

そしたらもぅいいよと

ニッコリジェスチャーして

話を途中でやめ歩き始める

聞けなくて申し訳ない気持ちと

なんだったんだろうときになる気持ちを思い出す

 

そんな状態ではあったけど
意思疎通はしっかりできるから
言葉がそうして通じなくても
目に見えない会話は沢山していた気もする

 

リハビリではあったけど

それがなければあんなに一緒に歩いたり

公園へ行ったりって

なかったのかなと思うと

おじいちゃんとの

大切な大切な時間だったんだなと

今改めて

 

そんな祖父は私が高3の時に亡くなった

もし今目の前におじいちゃんが現れたら

聞きたい話が沢山ある

聞きたくてももう聞けない

何とかして話がしたいな

夢でもいいから話したいな

 

そう思うと

聞き取りにくくても

祖父も大変かもしれなかったけど

それでももっと積極的に

話を聞かせてって

話しかけていけば良かったなっていう

後悔

不思議出来事

ずっとそんな出来事に遭遇している

不思議出来事

 

今の私は

身体中の水分が

全部なくなるんじゃないかってなくらい

涙が溢れて止まらない

 

想えば想った分だけ

スピードはその二乗三乗

叶って行き

繋がる

 

人生で二度目の

不思議日々

 

 

 

日付け変わったね

そっか

この日付け…

阪神淡路大震災

あと4時間もしないうち

23年前のあの瞬間

忘れない

防ぎようもない天災

 

黙祷

挨拶って、いい!

昨夜は私の体型コンプレックスがコンプレックスで無くなりつつある内容を書きました。

この件は、私の中ではかなり気持ちが楽になりました。

変化のひとつです。

 

人と接する事が億劫になっていたので、なぜなら、わぁ太い。とか、わぁ丸い。とか、わぁダサい。とか、どんな言葉が続くのかわからないけど、わぁ。と思われていそうな顔を相手がしているような気がしたり、バカにされているかもと勝手に感じたりて、なんだか気悪いなと。

 

だけど、初投稿で書いた通り、人生そろそろ変えていきたい気持ちが湧いてた頃、変われる予感、前兆が続いたものですから、そのためには何かアクションを起こさないとなと考えていたんですね。

昨夜書いたラインを始めたというのも私の中の型を破りましたから。

 

それより前に遡りますと、例えば挨拶。

ご近所というか地域、そして事務所が入っているビル。

思い付きでしたが無条件で笑顔で挨拶をすることを意識付けました。

 

子供の頃は当たり前にしなきゃと思っていたり、子供には挨拶の大切さを説くのですが、何故この大のオトナは挨拶がちゃんとできてないんだとハタと思い立ち。

クール、スタイリッシュ、スマート、そんなイメージ、余計な関わりは持ちたくない気持ちの表れ、挨拶をした者負けみたいな感じが身近に蔓延っている。

 

愛想の悪いいつものあの人、犬の散歩を不機嫌そうにしている。

何度かすれ違う時、こちらも犬連れですが、なぜか私睨まれてるなあと、感じの悪い人だという認識がこちらに越してきた頃からありました。

 

思い切って挨拶してみたんです、笑顔で。

するとどうなったと思いますか?

その方、すごく驚いた顔をしてこちらを見て、焦った感じで会釈して去っていきました。

でも去る時の顔、すごく笑顔でした。

 

帰って主人にその話をすると、笑顔が信じられないという反応でした。

が翌日、今度は主人が犬の散歩に。

例の方が現れた。

もちろん主人とも変わろう、変えていこうという意識を共有しているので、主人も元気な声で笑顔の挨拶をしたその時、パァーッと笑顔で、今度はちゃんと挨拶を返してくれたというのです。

以来、その方と会えば、車の中ででも挨拶を交わしている。

 

極端な例ではありましたが、こんな具合に身の回りではこちらから気持ちよく挨拶を心掛けて実行しています。

ものすごく周りで笑顔が増えました。

不思議と気難しい方の方が気持ちよく話をしてくれるようになりました。

これは意外でしたが、ものすごく実感しています。

 

大人になると邪念が働き素直さがなくなっていくのは、厳しい社会を生き抜くために必要なこともあるかも知れないけれど、ラグビーノーサイドのように、敵味方関係なく戦いの場や時間とそうでない場や時間を意識しての挨拶は、万国共通に使える人と人とを繋げる強力なツールであり、だからこそ子供の頃にはまず教えられる社会性への第一歩なんだと改めて。

 

笑顔で爽やかに挨拶されると確かに嫌な気がしない、それがどんな相手でも。

挨拶ひとつで交友、世界が広がっていくものなんですねえ。

行動の変化と心の変化を感じます。

当たり前すぎな事だけに目から鱗だし、基本に立ち返る事が出来ました。

そして笑顔はいいものだなと、苦境に立たされているとより実感できますね。

大事にしたい習慣です。

太さが問題ではない

今回の2度目の投稿までに2ヶ月近くあいてしまいました。

色々ありました。

 

変われるかもしれない。

変わりたい。

前回書いた通り、そんな兆しや前兆に気持ちが大きく膨らんだ日々を過ごしていました。

例えば、絶対しないだろうと思っていたラインを始めて人との交流をしてみたり。

きっかけは5年以上ぶりに集まった学生時代の友人達とつながるためでした。

 

その集まりも、これまでの私ならパスしていたと思うのですが、思い切って、醜態を晒してきたんです。

あ、私、25㎏体重増加してしまってるので、あまり昔を知ってる人には会いたくない気持ちがありました。

 

行ってみるとなんてことありませんでした。

昔に戻ってはしゃげたのがすっごく楽しくて!

そりゃあ、若さを保っている子は羨望の眼差しが送られるのでしょうが、みんなもそれなりに歳をとり、苦労もし、色んな事を乗り越えてきているんですから、こんな場所では現実から離れ、何も気にせずはしゃぎたいんですよね。

見た目気にするなんて、そもそも私らしくなかったんだとも気付かされました。

 

太ってから当たり前のようにこの体型にコンプレックスがあり、元の私と間逆なタイプ、あまり人目につきたくない、美容院に行きたくない、鏡も見たくない、写真なんて絶対写りたくない、そんな自身のない私になっていましたが、何か吹っ切れたんです。

 

今回の集まりの準備では、私はまず服や靴選びに、そして美容院にもなかなか足が向かなくて苦戦してました。

今の体型に合わせた服を探すのも至難の技でして、お金をかける気もおこらず、適当に入る安めの服を普段から身につけていましたから、私としてはかなりダサい‼︎

いつか体重が戻る!と、いつまで信じているのかと思うくらい、体型にとらわれすぎてオシャレも諦めていましたから。

 

今回必要に迫られ、嫌いなアウトレットへ。

好みの服で、この体型に合うサイズがいつも見つからなくて、何も買えずに帰宅が当たり前だったのが、イヤイヤながらも行ってみると、今のトレンドが割とゆったり系という関係で、有難い事に選択肢があり、イケてるかは別として久しぶりにオシャレショッピングが楽しめました。

 

美容院も前日ギリギリ。

鏡に映る自分が嫌、色んな角度で見られるのが嫌、距離感が近くて嫌、仕上がりお会計の際に全身を見られるのが嫌で。

前髪という目立つ場所に白髪が増えてしまってるので、白髪染も必要だから、苦痛の時間も長々と続くわけで。

たまたま遠い街へ仕事で行っていたので、もうきっと2度と会わないだろう美容師という事で、苦痛は軽減されましたが。

でも耐えた後はやっぱりスッキリしていて、ツヤツヤにまとまった髪はここまで若返られるのかと実感です。

太った上にオシャレに無頓着、髪型も顔や首回り、肩にかけて隠せたらそれでいいなんてちょっとダメすぎたし、色々全然努力してなかったんだなあ私。

家族の面倒や仕事の忙しさのせいにもしていたから。

 

こういう事って続くもので、その数日後に、またまたまた違う集まりの話が浮上してました。

こちらは私の体型は太くても大丈夫な集まりでしたが、3、4年タイミングが合わずお断りが続いてました。

しかし今回はすんなりスケジュールが合い、同じ格好ですが行ってきました。

着る服や持ち物、髪型が決まっているって気が楽ですね〜。

こちらの会もすっごく楽しめました。

 

そしてこの週末は、この集まりで来れなかった人が来る別の集まりがあり、行ってきました。

もちろんまたまた同じ格好でしたが、今回、集まった方々数名にすごく褒めていただいたのです!

服装や私自身のことまで。

 

着飾るっていうのは元々好きではないけど、やはり太っていてもオシャレに気を使って、髪型含めて清潔感をしっかり出していくと、二重アゴも大きな体も気に止められない、そういうものなんだなあって。

確かに私自身、他の人と話していて素敵だなって思える人、あれ?体型は関係なかったなと。

見た目というか人物に引き寄せられているんですよね。

その人が好みのオシャレだったり清潔感が出ていると好感度にプラスされ、さらに気になる人になっていく。

 

褒められた要因としては、前回までの人との交流の中で自信を取り戻す事ができたからなのかな。

年齢、ホルモンのバランス、薬、病気、遺伝、体質…

ただの怠慢ではない場合が多くあるので、太さの原因は計り知れない。

問題は太さではなく、私の気持ちひとつ。ということか。

変われる予感

f:id:kiwi37:20170526024558j:plain

◎庭のスモークツリー◎

 

どうやら旦那さんが季節外れの風邪をひいてさしまったようで、風邪薬のせいか疲れが溜まっているせいか強い眠気に襲われ、今日はあまり仕事にならなかったもよう。

休んでもいいんじゃないかと思ったけど、今日は外せない仕事もあるという事で、早退もせず、だけど普段より早めに帰宅した。

 

私はというと、最近どういう訳だか一旦集中が途切れると次仕事に身に入り難く、「なんでだろう」と毎日考えながらネットサーフィンをしたり、仮眠を取ったり、再度集中へのスタートラインに立てる状態になるまでに時間がかかる。

静かにぼんやりとその時が来るのを待っている日々が続いている。

わくわくのインスピレーションがちっとも湧かない。

きっとやるべき事が多すぎるんだ。

ジタバタするのが本当は好きじゃない。

今は大事な仕事こそスルーしている。

 

ただ不思議なもので、私がこういう状態になると普段タフな主人がダウンする。

すると私は途端にパワーが全開。

わくわくのインスピレーションでは無いけれど、ヤル気スイッチが入った事に救われた本日。

 

・・・・・・・

 

私たちはどうやら商売上手ではなさそうだけど、様々な事情から自由に時間を動かせる今の働き方は必要不可欠で、この10年、ずっと助けられてきた。

だけど近い将来、私たちの働き方が変わるかもしれない。

それが許される時がやっと来たのかなと。

まだまだ未知の事だけど、ここずっとそんな予感が止まらない。

 

毎日夢を見るんだけど、印象に残ったシーンやシンボルを調べてみると、どれもこれも吉夢という、こわいくらいに毎日が吉夢、しかも強烈な。

所詮は夢占い、されど…といった感じで、いい事は何でも取り入れたいじゃない?

だから、ずっと真面目に仕事もその他諸々も、休みも無しでただただひったすら真心込めて頑張った10年を区切りに、変われる⁈、一歩上に行ける準備の予感は必然なのかなって思ったり。

 

だとすると、あとは具体的なわくわくのインスピレーションが降ってきてくれるのを待つのみ。

さんぽでもしながらのんびりとその時を待つとしよう。